便秘の種類を知り、適切な対処を心がけよう

便秘には種類がある!それぞれ対策法も異なるので注意しましょう

 

腹痛

 

便秘とはいわずと知れた、満足な排便が出来ない状態のことです。

 

これで苦しんでいる人は世の中にかなりの数がいると言われていますね。

 

ただ毎朝の排便が出来ないというだけではなく、
腹部の痛みや精神的不安感など様々な症状も引き起こすことがあり、実に厄介な代物です。

 

 

そんな便秘の解消法を知っておくことはどんな人にでも有用なことでしょう。

 

便秘とは主に、三日以上排便できていない状態をさします。
そしてその排便できない理由に関してはいくつかの種類があります。

 

それぞれ対処法も異なるので注意してください。

 

それぞれの種類とその有効な対処方法について見ていきましょう。

 

 

腸の運動能力低下による便秘

 

 

まず大腸の運動機能が低下している状態。

 

 

これは腸の緊張が緩みぜん動運動が満足にできなくなり、
便が大腸内に長く留まることによって水分の過剰吸収を起し、便がカチカチに硬くなってしまうものです。

 

 

お腹が張る、食欲低下などの症状が見られた場合はこのパターンの便秘かも知れません。
この場合の対処は、根菜などの不溶性の食物繊維を多く採ることと、ジョギングなどで筋力を鍛えることが有効ですね。

 

直腸部の停滞状態による便秘

 

次に、便が直腸部で停滞する状態、
すなわち肛門直前の部分で便が詰まっている状況の便秘です。

 

 

原因は直腸部の神経が鈍くなっているというもので、
肛門すぐそばまで便が来ているのに便意がおこらなくなってしまいます。

 

 

それによって長く便がとどまり水分の吸収が進み、
結果的にカチカチになった便で直腸部が蓋をされたような状態にもなってしまうのです。

 

 

トイレでいきんでも中々出ない方はこのパターンの便秘かも知れません。

 

 

対処方法は水溶性食物繊維と水分を多く採ること、
毎日排便の時間を規則正しく決めることなどが効果的ですね。

 

 

大腸の過度の緊張による便秘

 

 

これは副交感神経の過度の興奮などが原因で大腸が緊張して収縮し、
結果として大腸が圧迫され便がうまく運ばないという状況の便秘です。

 

この場合便が小さなコロコロとした形、兎の糞のようなものになることが多いので、
そのような便が出る方はこのパターンの便秘かも知れません。

 

 

原因はストレスによる自律神経の乱れによるものが多く、
比較的若年層にも多く見られる便秘ですね。

 

腹痛を伴うこともよくあります。対処方法は、水溶性食物繊維を含む食物を多く採ること。

 

 

主にコンニャクや海藻類ですね。もちろんストレスが原因でしたらそちらの解消も出来るならベストでしょう。

 

 

このように、便秘には似ているようで違うパターンのものがあります。
それらをきちんと判断し対処することで便秘の解消が出来る可能性があります。

 

便秘は辛いですが薬には出来るだけ頼りたくは無いもの。
便秘対処の知識をしっかり得て、平穏な毎日の排便時間を迎えたいものですね。